由来と特徴|エクセルコダイヤモンドで変わらぬ想いを誓う
カップル

エクセルコダイヤモンドで変わらぬ想いを誓う

このエントリーをはてなブックマークに追加

由来と特徴

リング

鉄の輪とダイヤモンド

紀元前のローマでは、結婚の約束として鉄の輪が贈られていたのですが、これが婚約指輪の始まりとされています。輪は、棒と異なり両端が断たれることなくつながっています。その形状から、永遠に途切れることのない愛情を示すものとされていたのです。そしてその後、15世紀のローマで、求婚の贈り物としてダイヤモンドが使われるようになりました。ダイヤモンドは硬い上に強く輝くため、これもまた永遠の愛情の証とされていたのです。そして現在では、これらを組み合わせて、ダイヤモンドをあしらった輪を求婚の際に贈ることが風習となっています。これが婚約指輪で、多くの男性が意中の女性にプロポーズの言葉とともに贈っていますし、女性側も贈られることを心待ちにしているのです。

品質を重視

婚約指輪は多くの場合、品質の良さにこだわって作られています。なぜなら婚約指輪は、男性にとって自分の財力を示すものとなるからです。結婚後に相手を貧しい状態にしないという強い意志を示すことにつながるので、そのため婚約指輪はゴージャスなものがよく選ばれているのです。具体的には、より輝きの強い大きなダイヤモンドをつけたり、土台をゴールドやプラチナといった高価な貴金属にしたりといった具合です。これを見ることで女性側は、貧しい生活にならないことを確信し、安心して嫁ぐことができるようになるのです。もちろん、婚約指輪がゴージャスでも豊かな生活になるとは限りません。しかし財力だけでなく、男性側の愛情の大きさを量る目安にもなります。そのことからも、婚約指輪では品質が非常に重視されているのです。